レンタカー安いと思って借りてもここだけ注意!

レンタカー安いと思って借りてもここだけ注意!

レンタカーの料金これ本当は賃借契約のお金

レンタカーを借りるにあたって、よくパンフレットをみて目につきやすい3時間、6時間、12時間、1日料金など、ここだけをみて仮に意外と安いなんて思っている人も多いのではないでしょうか。レンタカーを借りた最初の契約通りの時間、期間で借りて、全く傷なく、もちろん事故なく、燃料満タン返しなど約束通り返却すればなにも問題はありません。しかし、時間の超過、ちょっとした事故など当初の予定外のことが発生すると自分の考えていた以上の結構大きな金額が発生してしまいますので要注意です。これはレンタカーを借りること自体が物を買う売買と違い、賃借契約であり、その契約をしたうえで実はレンタカーを借りているというシステムであるからです。そこを充分認識してガイドや契約書の内容をよく読み理解しておくことが結構重要です。

わずかな傷と思っても事故扱いここだけは要注意です。

レンタカーを借りるにあたって一番トラブルとなるのが、借りている最中につけてしまった傷とその扱いです。レンタカー会社の規則で多少の違いがありますが傷の大小、相手の有無にかかわらず車に僅かな傷をつけてもレンタカーの場合は基本事故扱いとなります。このへんの賃借契約の内容は車検などを顧客側でうける長期のリース契約とは異なるところがあるので要注意です。もちろんレンタカーは自動車保険にフルに入っていますがこれ以外に車を修理に出している期間の営業補償の代金が請求されます。保険の免責分、営業補償分、事故証明代など様々な事故の料金の負担額は実は当たり前のことなのですが普段あまり自動車を運転利用しない人にとっては合わせると結構な金額に感じられるものです。もちろんこれらは契約書に明記されており、必要な説明はすべて出発前にされているはずです。しかし運転疲れで帰ってきてさらにお金の負担となると疲れも倍増しますよね。

会員登録で様々な割引特典あり

レンタカーを貸し出す側としては、もちろん売上アップのために顧客確保に必死に営業しています。その中で事故を起こさず、利用頻度が多く使ってくれるお客様はありがたいものとして顧客の確保に様々なサービス実施しているようです。その中で結構力をいれているのが会員登録のサービスです。事故を起こさず利用頻度が多いお客さまには、貸出時の大きな割引や、観光施設優待券、プレゼントなど様々得点のあるカードをだして、引き続き長く利用しやすいサービスを実施しているところが多いようです。そのサービスを利用すれば通常の料金の半額以下などめずらしくありません。まず事故を起こさず利用回数が増えればレンタカーのお得な利用方法が豊富にあるようなので、レンタカーの利用は良く事前チェックをするのがお得なようです。

レンタカーは車種や時間によって料金が決まります。また、レンタカーを長期利用することもでき、ビジネスなどでも利用することができます。