重要!代理店契約はリスクを抑えて儲けを出すことが可能

重要!代理店契約はリスクを抑えて儲けを出すことが可能

売上代金は代理店には直接渡らない

代理店とは文字通りサプライヤーの代理として商品やサービスを販売することを差します。代理店は商品などを顧客に販売すれば、サプライヤーから販売手数料を受けるとことが出来ます。つまり商品の売上は代理店ではなく売主であるサプライヤーに渡ることになり、その売上の中から販売手数料を受け取ります。代理店は売買契約の当事者では無いということが特徴的です。ですので、商品代金が回収出来ないなどのケースにおいては、代理店ではなくサプライヤーが顧客から代金を回収する必要があります。

代理店は商品在庫を抱える必要がない

代理店は営業代行サービスのような形態ですので、商品在庫を抱える必要がありません。商品を販売するには代理店契約とは別に販売店契約があります。販売店契約はサプライヤーから製品を購入してから、それを顧客に対して販売しますので、商品在庫を抱える必要があります。販売店契約は商品価格を自由に設定することが出来ますので、利益を伸ばすことが可能ですがリスクも大きくなります。その点は、代理店は在庫過多に陥ってしまうようなデメリットはありません。

独占契約と直接販売権について

代理店契約には独占契約と言うものがあります。これは販売エリアや期間を区切って、特定の代理店のみに販売権を与える契約です。この契約は代理店にとってメリットが大きいです。販売コストを掛けてようやく商品の知名度も高くなってきた段階で、急に他の代理店が参入して来て顧客を奪われたら、納得が行きません。独占契約でしたら、そのような心配がありません。ただし直接販売権がサプライヤーにありますと、他の代理店の脅威は無くなりますが、売主であるサプライヤーに顧客を奪われてしまう危険性があります。

代理店の募集では、初期投資無料で代理店を開設することができます。安定収入にもつながり、副業としても働けます。